≪全国対応≫お安く葬式を営むなら

三角の画像
ホーム > 葬儀の費用を抑えるポイント > 葬式をできるだけ安い費用で済ませるなら

葬式をできるだけ安い費用で済ませるなら

お金を掛ければ天井知らずとも言われるほど、葬儀にはお金が掛かります。
ですから、できれば安い方が良い、という希望も少なくありません。
もしも安いお葬式をお探しなら、火葬式や家族葬など、コンパクトな葬儀が最適です。
さらに密葬形式にすれば、親しい身内以外の人を呼ぶ必要もありませんので、一層費用を抑えることができます。
基本的にコンパクトな葬儀は1日で完了するのが一般的なため、告別式や通夜は省かれます。
そのため、安い費用で葬儀ができる訳です。
火葬式では斎場の炉前でお別れを済ませた後、直ぐに火葬に入りますので、概ね数時間ほどで終了します。
そして、葬儀が終了した後は、葬祭給付金の申請を行うことも大切です。
故人が健康保険の加入者であるなど、条件が揃っていれば大抵支給されますので、忘れずに手続きをしておきましょう。



葬式と安い値段とイベントやセミナーに参加すること

できたら葬式は安い値段でお願いしたいと考える方も多いのではないでしょうか。
自分の葬式について考えることが多くなったのであれば、いろいろ情報をチェックしてみることをお勧めします。
最近は小さなお葬式ということで、規模を小さくしてリーズナブルなお値段でお願いすることもできます。
資料請求もできるため、まずは資料をチェックしてみるのもよいかもしれません。
セミナーやイベントを開催する会館もあります。
気軽に参加でき、知識を身につけることができます。
会員になると会員価格でお願いできる場合もあり、よりリーズナブルなお値段でお願いすることができます。
事前に相談できるため、わからないことは聞くことができるのでとても便利です。
直接質問しにくい方は、イベントに参加すると、気軽に質問をすることもできます。
いろいろ質問できるため安心できるのではないでしょうか。



葬式を安い価格でやってもらうには

葬式で意外と費用がかかる部分といえば読経です。
これに何十万円単位の費用がかかることがありますから、それを覚悟しておきましょう。
殆ど無宗教である人でも葬祭場の配慮というやつで呼ばれることがあります。
当然、別料金になりますから、これが物凄く負担になることがあります。
一概にいえることではありませんが、式の費用が安いタイプであった場合、その何割かは読経代になることすらあります。
ですから、葬式を少しでも安く済ませたいのであれば、まずは読経を断ることからにしましょう。
そんなことをしてもよいのかと考えるでしょうが、参列している人は意外と気にしないことが多いです。
読経後、或いはその最中に焼香となることが多いですが、いきなり焼香を、と流れに持っていくことも不可能ではなく、スムーズにいけばそれで問題ないでしょう。

次の記事へ