≪全国対応≫お安く葬式を営むなら

三角の画像
ホーム > 葬儀の費用を抑えるポイント > 知っていますか?葬式の費用内訳

知っていますか?葬式の費用内訳

葬式を行うにはたくさんの費用がかかります。しかしその詳細の内訳を知らないと後で想定外で泣かされることになります。
まずは葬儀社が用意するプランそのものの金額となります。葬儀社のプランは業者によって複数が用意されています。かつては一般葬が大半でしたが、現在では家族葬プランが普及拡大してきています。また一部業者では海洋散骨や、家族葬プランよりもさらに簡素な直葬プランを用意しているところもあります。これらのプランは一般葬、家族葬ともにランクが複数に分かれていて、金額の高い上位ランクだと祭壇の大きさや装飾の規模、使用する室内の大きさなどが異なってきます。
なおプランに含まれている内訳のサービス内容としては、棺桶、供物、仏具一式、位牌や塔婆、役所代行手続、会場使用料、骨壺、遺影写真、寝台車、霊柩車などとなります。

しかしお葬式の費用は実際にはこれだけでは終わらず、他に必要な経費がどうしても発生します。そのうち葬儀社が用意するプラン以外に絶対に欠かすことができない経費の1番目は火葬場の使用料となります。
この火葬場の経費は運営している場所次第で大幅に変化をします。安いところでは住民票がある地域内だと無料のところもありますが、地域内住民でも1万円以上のところもあります。
住民票がない地域の火葬場を利用すると高いところでは数万円を超えるところもあります。これに関連して一部の火葬場ではこの火葬場使用料とは別に火葬場職員への心づけたる事実上のチップがあります。これらもその場所次第で変わります。
2番目に欠かせない経費はお寺さんへの経費となります。お寺さんの住職さんへの経費もお寺さん次第で変化をします。またこのお寺さんの経費の中には、戒名をつける経費も含まれることになります。3番目の経費は葬儀に参列をしてくれた人へのおもてなし経費となります。
これらのおもてなし経費には食事代と返礼品の2つを1人ずつ用意しないとなりません。食事代は1人数千円、返礼品も1人何千円になるので、参列者が多いとその分の金額も増えます。

4番目はその参列者が火葬場まで行くための移動手段となります。大勢が各自勝手にマイカーで火葬場への移動はいろんな意味で迷惑行為になります。そのため大勢の人を乗せるための貸切バスが必要になります。
5番目に注意警戒することは寝台車や霊柩車の扱いとなります。これらは基本的にプランの費用に含まれていますが、火葬場や葬儀場までの移動距離が規定より長くなると割増料金を請求される場合があります。
また一部の業者では霊柩車そのものはプランに含まれているが、運転手に対してのチップを要求するところがあります。これらの葬儀社のプランに含まれていない経費は葬儀社が用意するお料理と返礼品以外は、告別式の時点でそれぞれ封筒に現金を包んでおく必要に迫られる場合があります。
なおこれの対応は葬儀社スタッフからお通夜前の段階で告知されることになります。これらがお葬式を行う経費の内訳の大まかな内容となりますが、このうち遺族が独自で削れるコスト部分は葬儀社のプランくらいとなります。